給湯器のトラブルは水道修理会社へ

生活をするうえで給湯器は欠かせない存在です。お湯が使えるのはとても贅沢なことですが、風呂場と台所で共有すれば、効率的に活用できます。洗い物をする場合でも、短時間で汚れを落とせれば、その分水道代の節約もできます。そんな便利な給湯器だからこそ、問題が起きれば修理を検討しなければいけません。

■給湯器がトラブルを起こす前兆

給湯器のトラブルにも、さまざまな前兆があります。水道をつないで使う設備のため、どこから水漏れしているかはわかりやすい状況です。給湯器には、内部の水を排出する排水ドレーンもありますが、このドレーンから水が流れている状況は故障ではないので修理は不要です。
他の部分から漏れてきている状況は修理が必要です。内部に水が流れていくと、電気を使っている部品にかかりますし、ガスを燃焼している給湯器は不完全燃焼にもつながります。安全に使う条件を考えると、かなりの問題です。
一般的に給湯器 修理は素人で対応できるものではありません。ガスや電気などの専門知識がなければ安全に作業できないからです。有資格者でなければ安全作業ができない状況もあり、業者に依頼して修理してもらうのが一番です。

■音で判断する

給湯器のトラブルの発見方法として、音があります。目立たないところに設置される給湯器は、トラブルの発見が遅れがちです。普段から目にしていないのが問題ですが、音は離れていてもわかる場合もあるでしょう。聞き慣れない音が聞こえてきた場合には、故障を疑ってみる必要があります。
普段聞くことのない異音は、周辺に迷惑をかけるだけではありません。どのタイミングでなるのかも調べるのも必要です。中でも小さな爆発音が聞こえるケースは、ガスの臭いもすると危険な状況の可能性があります。不完全燃焼しており、ガスが漏れてきている可能性があるからです。即修理が必要な状況を表すサインです。危険性も出てくるため使用をやめるだけではなく、一酸化炭素中毒の問題もあるため、部屋の中の換気もしたうえで修理を依頼します。笛のような高い音がしたときも、燃焼に問題が出ているため、同様の処置をするといいでしょう。

■まとめ
給湯器は安全に使うのが大切です。なにか異変を感じたときには、水道修理会社に依頼して点検してもらうと安心して使えます。音もサインとしては重要で、離れていてもわかりますが、それでも注意していないと見逃してしまうレベルです。普段そこまで気にしない人でも、定期的に安定して稼働できているか、日頃からチェックするといいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ