洗面所にある水道の蛇口の修理の用意はこれ

手洗い場として、毎日使われるのが洗面所です。常に水を流しているわけではありませんが、使用頻度が高い場所です。清潔な状態を保つ必要がある設備ですが、蛇口も取り付けられているので、水漏れする可能性も出てきます。自分で修理する方法もありますが、その際には道具などの用意も必要です。安全に作業するためには手順もあるため、どんな方法が良いのか考えてみる必要があるでしょう。

■洗面所の蛇口を交換するための用意

水のトラブルの中でも、洗面所の蛇口からの水漏れは、キッチンほど注意してみていないことが多いので、どうしても発見が遅れます。その分水が流れ出すことになり、経済的にもダメージが増えます。
劣化している水道の蛇口は交換して新しいものにすれば、水漏れのリスクを減らせます。自分で交換する場合には、軍手やゴム手を用意して修理します。怪我防止に必須ですので、準備から始めていきます。
道具として、適切なスパナが必要です。留め具をまわすためになければいけませんが、家庭の蛇口ならば、モンキーレンチでも代用できることがあります。自在にサイズを変えられる便利なレンチですが、しっかりとサイズを合わせて使うのがポイントです。マイナスドライバーも用意しておけば便利です。止水栓を閉める時や、パッキンなどが外れないときにも、マイナスドライバーがあれば安全に取り外せます。水回りの修理として、バケツも用意しておけば確実です。周りにこぼれた時も想定して、いらなくなったタオルもあるといいでしょう。部品を外した時になくさないためにトレーもあると便利です。

■止水栓を締めてから

蛇口を外すと、そのままでは水が噴き出してきます。とても安全に作業できないため、まずは止水栓を閉めて水の流れを絶つのが基本です。洗面所の蛇口の配管を追っていくと見つけられますが、わからないときには元栓を締めてしまっても同様の効果が得られます。その代わりに、家の中のすべての水が止まる点に注意が必要です。
修理を始める前には、一度蛇口をひねります。水を出して内部の圧力を下げる意味と、本当に止まっているのか確認です。接続部のナットを緩め、蛇口を外したら、洗面所から上に引き上げる感じで引っ張ると外れます。あとは逆の手順で新しい蛇口を取り付け、水道の栓を開けます。確実に取り付けるのはもちろんですが、ナットなどは必要以上に強い力で締める必要はありません。ねじ切ってしまう場合もあるため注意が必要です。

■まとめ
洗面所の蛇口の交換も、キッチンとそこまで大きく変わりません。使用頻度が下がる分だけ長持ちしますが、わずかに漏れていても気がつくのが遅れるため、異変を感じたらすぐに修理するのが大切です。交換の方法がわからないときには、専門業者に依頼して新しいものに交換しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ